excitemusic

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕はす。奢れる者も久しからず、ただ春の夜の夢の如し。猛き人も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。
by ijigengazou
ICELANDia
カテゴリ
全体
日記系
雑学系
考察
ネタ/お笑い系
批評/時事系
ダイエット
文系
テレビ/芸能系
LOGO(車系)
企画
読書系
スポーツ
禁煙
ゴッゴル
その他
未分類
りんくぅ
新・悠々自適


↑HOMEPAGEですよろしく

掲示板


メール

oudourakudo@hotmail.com
メッセンジャーもアリ
@は半角に直してご利用くだされ
オススメサイト
携帯用つぶやき(過去ログ)
恋愛占い

安富町
しんしんのお金持ちに挑戦道



↑クリック多謝
フェロモン
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
homer ringto..
from homer ringtone..
hamster danc..
from hamster dance ..
phone prepai..
from phone prepaid ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
elavil
from elavil
I Aint Mad A..
from I Aint Mad At ..
Angel Massiv..
from Angel Massive ..
Panic Attack..
from Panic Attack T..
Danke Schoen..
from Danke Schoen W..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文系( 13 )

依存症になった男の家庭の悲劇

「あんた、ちょっとやめてよ!これはひろみの給食代だよ!!」

「うっせぇ!俺はあれがねぇと生きていけねぇんだよぉっ!」

妻、夫の脚にしがみつく
「あんなものに大事な金をつぎ込まないでおくれよ!!」

「るっせぇんだよ!俺が稼いだ金だ、俺がどう使おうとおめえらには関係ねぇだろうが!!!!」
妻を蹴り飛ばす

「あぁ…」
妻号泣

家を飛び出す夫

30分後
「へへへ、買ってしまったぜ。これは一度やるとやめられねぇんだよなぁ」

「たまんねぇぜ。15分で4倍だぜ?上等じゃねぇか。いっそのことかみさんもこいつの虜にしちまうか。この増えるわかめのよぉ」

ばりばりばりばり…

男がわかめを噛み砕く音が夕暮れの公園に響き渡った

あたりはすっかり冬の色である。諸行は無常である。

しかし、男の口はいつも磯臭い



ゴッゴルヤッヒョイ


[PR]
by ijigengazou | 2004-12-15 02:09 | 文系

回り道

なにかにつけて反抗し、町へ出ては友人とつるんで悪さをする少年がいた。朝は母親を殴り蹴飛ばし、学校に行っては壁に落書きをしたり、窓ガラスを割り、下校後はその辺の子供から資金を調達する。そんな毎日を送っていた。
ある老人が彼に言った
「お前は寂しがりやだなぁ。」
彼にはその意味がわからなかった。この言葉がきにかかりつつも彼はなにも変わらない日常を送っていた。ある日、家で一人でゲームをしていたとき少年は思った。
「退屈だ。仲間を呼んで暴れるか」
彼は友人の携帯に電話をし、待ち合わせ場所を指定してからハッとなった。
「俺は一人になるとそとで暴れたり、わざわざ親の前に現れてはむかついたりしている。なんでわざわざそんなことするんだ?なんでそんなことが楽しいんだ?単車で暴走してなにが楽しいんだ?ただ道を蛇行しているだけじゃないか。」
そこで彼は自分を客観的に見つめた。初めて自分を外から見つめた。

先輩の単車の後ろに座り、パトカーを挑発する自分。なにがおかしいのかしらないが、へらへら笑っている。道行く人々の冷めた視線が心地よい。俺はひょっとして、この視線を得るために遊んでいたのか?人から注目されたいばかりに。彼はそれから数日悩み続けた。そして、ある答えに達した。自分が今までしてきたことはすべて人に注目されるためだったんだと。そんな意味のないことにどれだけの時間を費やしてきたのだろうか。



ゴッゴルヤッヒョイ


[PR]
by ijigengazou | 2004-12-14 21:11 | 文系

バレンタインな小説

室井佑月さんがバレンタインデーの小説どんなんが良いか問うておられた。
よって、今世紀最大の文豪、悠介がちょーーーーーーバレンタイン!な小説を書いてしんぜよう。
という物語。



そうだね、男の視点からバレンタインデーについて見ていこうか。

 チョコレート売り場は煌びやかだった。
「なんだよ、こんなもん。あと数時間もすれば値下げされていっせいに処分されていくだけのものじゃないか。だいたいなんだよ、この無駄な外装は。いくら着飾ってもチョコレートはチョコレートなんだよ!」
と一人憤りながらスーパーを後にした。私は彼女いない暦19年の大学2年生。名前はまだ無い。んなこたあない。名前は輝夫。特技は天空×字拳。
 寒さで自由が利かなくなった手をすり合わせながら家に帰ってカップラーメンを食った。俺の彼女はこのカレー味のカップラーメンなんだよ。なにが義理チョコだ。チョコレート会社の陰謀に踊らされているともしらずに(多くの場合は知っているとおもうが)キャーキャー言いやがって。チョコなんかよりこのラーメンのほうが100倍うまいんだ!
 ピンポーン
 そのとき、彼の部屋のインターホンが鳴った。
「誰だ?こんな日に。」
 誰かがこの俺にチョコレートをもってきたのか?いや、そんなことあるはずがない。だって俺は童貞なんだ。さえない男なんだ。だれがそんな俺にチョコレートなんてもってくるんだ。どうせ、俺と同じ境遇のもてない悪友がさびしさを紛らわすために遊びに来たのだろう。なんと女々しいやつだ!
なんていう想像をしながら玄関を開けた。
 そこには、見たことのある女が一人たっていた。
「すみません!」
 女はおもむろに口を開くと何かをポケットから取り出した。
「新聞代2か月分、6000円お願いします!」
 こんな日に新聞の集金だった。
男輝夫、心のみならず懐まで寒く2月14日を終える。
ああ、ますらをよ。おはんの将来に幸があらんことを!



やべぇ、やべぇよ!!こんな作品…

ノーベル文学賞いただき。
「大和魂が見事に織り込まれた作品であり、読者の想像力を書きたてるすばらしい作品である。だからあげる、文学賞(倒置法)」
「ありがとう」
自分の才能にまいっちんぐ♪
彼は妄想の世界に入り浸ったまま眠りの世界に誘われた。

これで、天才文豪悠介についての小説を終わる。
【本当に完】
洋服を買った理由

[PR]
by ijigengazou | 2004-11-11 00:26 | 文系

死ね

作詞:大前伍長

岸辺に打ち寄せる
もやもやとした
生物が
俺の脚にすがりよる

離れろ巻き込むな
死ね




ゴッゴルヤッヒョイ


[PR]
by ijigengazou | 2004-09-20 18:36 | 文系

無所在

詩:大前伍長

柵から身を乗り出して
見る水面
映る青空流れる雲

下界には魚が泳ぐ
逃げる小魚追う大魚

太陽の光をきらきらと
反射させて自己主張?
さざ波立てて自己主張?

私はいない
私は空気
私は松ノ木
私は…





ゴッゴルヤッヒョイ


[PR]
by ijigengazou | 2004-09-20 18:18 | 文系

自己←→外界

作詞:大前伍長

時は静かに流れ行く
この部屋で流れているのは時計だけ
家具も壁もみんな止まっている
周りの雑踏も
みんな止まってる

同じことの繰り返し
ゆらゆらゆれるタバコの煙
ずっとゆれている
この煙はどこに行くのかしら

誰か私を連れ去って
時間が流れる世界へと
私の時間を進めてよ

黄色く染まった天井を
見上げてつぶやく
おつかれさん




ゴッゴルヤッヒョイ


[PR]
by ijigengazou | 2004-09-20 18:10 | 文系

オタク賛歌

作詞:大前伍長
作曲:誰かして
編曲:誰かして

オタクに感謝しろ
お前等えらそうに
PCが普及するまでは
PC触ってる奴等は
オタクだよって言ってたろ

それがなんだよ
このご時世
ネットができんと時代遅れ
アイドルまでブログ書く
お前等みんなオタクじゃと
叫んでみても通じない

けなされ続けて褒められぬ
天晴れオタク先見者




ゴッゴルヤッヒョイ


[PR]
by ijigengazou | 2004-09-18 01:33 | 文系

無気力の昼に

もがけども つかみどころの なき浮世


[PR]
by ijigengazou | 2004-09-16 12:57 | 文系

因果応報

 太郎と花子は3年前に結婚しました。そんな太郎と花子には子供がいます。
名前をひろしと言います。太郎と花子はとても仲がよく、いつもいちゃいちゃしています。そんな二人にとって子供のひろしは邪魔で仕方ないのです。太郎も花子も事あるごとにひろしを叱り付け、体中たたきまわります。まだひろしは2歳にもなりません。言葉もほとんどわかりません。なのにいつもなにかを怒鳴られ叩かれます。いつもこんなんだからひろしはなにもすることが出来なくなってしまいました。

 太郎と花子はひろしを幼稚園に行かせることにしました。でも花子はお弁当を作るのが面倒くさいので、いつも食パンをひろしに渡していました。ひろしは幼稚園に通い始めて初めて自分の境遇がおかしいことに気づきました。周りの友達はみんなおいしそうなお弁当を食べている。でも自分はなぜか食パンだけ。周りの友達はかわいい座布団、かわいいかばんを持っている。でも自分は何の模様も無いものを使っている。100円ショップとかいうところで買ってきたものをそのまま使わされている。ひろしは一度だけおねだりしたことがある
「ねえ、お母さん。僕もみんなみたいにいろんな絵の付いたかばんが欲しいよ~!たかしくんなんてスポーツカーが付いてるんだよ!!」
そういい終わるか終わらないうちにひろしの視界が真っ暗になりました。ひろしのほっぺには大きな手形がついていました。
「なによ!たかしくんちはたかしくんち、うちはうちなのよ!!買ってあげてるだけでも感謝しなさいよ!育ててもらってるありがたみがわかるまでご飯は抜きよ!」

 このように育てられたのですから、ひろしくんは心から親に感謝するようなことはありませんでした。

 中学を卒業してひろしくんは家をでて働きました。それはもう死に物狂いで働きました。いくら働いて疲れても、一人暮らしの楽なこと。まるで天国でした。そのうちひろしくんもお嫁さんを貰い、子供を授かりました。ひろしくんはお嫁さんと一緒に子供をたいそうかわいがって育てました。子供を自分と同じ目に合わせないために。
一方太郎と花子は年をとって誰に養ってもらうでもなくただひっそりと老後を過ごしました。やがて太郎は亡くなってしまいました。花子は太郎が亡くなってからずっと一人でした。最後の瞬間も一人でした。


[PR]
by ijigengazou | 2004-09-13 21:48 | 文系

菜の花

ポネソニック黄色い菜の花畑が広がる丘に一本の小川が流れていました。お日様の光をキラキラと反射してまるで光が波打っているようです。その小川の中にめだかの学校がありました。大きな先生と大きさのあまり変わらない小さな生徒たちが川の窪地で授業をしていました。
「みんな九九を早く覚えましょうね」
「はぁーい」
「それでは今日の学校は終わります。みなさんさようなら」
「先生さようならー」

授業が終わるや否やめだかの子供たちはいっせいに泳ぎ出しました。小さなあまり大きさの変わらないめだかたちの中でも一番小さなめだかのヨピと一番大きなめだかのクオは一緒に下校していましたが、クオがあることを思いつきました
「よしヨピ、ここからあの流木まで競争だ」
「うん、いいよ。じゃあ、負けたほうが今晩の食事を調達するっていうのはどうだい」
「よーし、じゃああの葉っぱの影があそこの大石のてっぺんに着いたらスタートだよ」

大きな枯葉がこの小さな小川を流れてきていました。
「さあっ、スタートだ!」

ヨピは精一杯泳ぎましたが、大きなクオには追いつけません。クオは追いつい来ないヨピを見て少し力を抜きました。
「今晩は何もしないでご飯が食べられるぞ。しめしめ。」
そのときです、バッシャーンという音とともにクオの体が川の上、お日様の方へ引き上げられました。ヨピはあっけにとられてしまいましたが、それを見ていたフナのおじいさんがヨピに言いました
「あれは鳥だよ。君の友達は鳥に食べられてしまったんだ。かわいそうに。君も気をつけないといけないよ。」
フナのおじいさんはそういうとヨピをパクッと飲み込んでしまいました。

菜の花畑は夕焼けを浴びて橙色になっていました。小川は魔法の絨毯のようにゆらゆらと流れています。




ゴッゴルヤッヒョイ


[PR]
by ijigengazou | 2004-08-31 22:06 | 文系