excitemusic

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕はす。奢れる者も久しからず、ただ春の夜の夢の如し。猛き人も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。
by ijigengazou
ICELANDia
カテゴリ
全体
日記系
雑学系
考察
ネタ/お笑い系
批評/時事系
ダイエット
文系
テレビ/芸能系
LOGO(車系)
企画
読書系
スポーツ
禁煙
ゴッゴル
その他
未分類
りんくぅ
新・悠々自適


↑HOMEPAGEですよろしく

掲示板


メール

oudourakudo@hotmail.com
メッセンジャーもアリ
@は半角に直してご利用くだされ
オススメサイト
携帯用つぶやき(過去ログ)
恋愛占い

安富町
しんしんのお金持ちに挑戦道



↑クリック多謝
フェロモン
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
homer ringto..
from homer ringtone..
hamster danc..
from hamster dance ..
phone prepai..
from phone prepaid ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
elavil
from elavil
I Aint Mad A..
from I Aint Mad At ..
Angel Massiv..
from Angel Massive ..
Panic Attack..
from Panic Attack T..
Danke Schoen..
from Danke Schoen W..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


風邪引いた

前回までのあらすじ
<時は平成十六年十月十五日、コース分属された2年生の新歓コンパが開催される予定であった。悠介は出る気満々でその日を待ち望んでいた。
しかし、その日の昼ごろ鼻水がエンドレスに垂れ始めた。
「やばい」
悠介は思った。
薬を求めて学内の薬局まで15分ぐらい歩いた。外に出るとなぜか鼻水が止まった。
薬を買って研究室に戻るとまた鼻水が出た。
ひょっとして研究室が俺の生命エネルギーを吸収しているのか?
まあ、そんな感じながらも新歓には出た。新歓の間は健康体のようであった。>

今朝起きるとそれほど風邪はひどくないように思えた。鼻水も出ない。
えさやりにいった。やはり研究室に入ると鼻水が出てくしゃみがとまらなくなる。
研究室限定の風邪のようだ。
ほこり?いや、ホコリが原因なら自宅でも鼻水はエンドレスなはずだ。
やはり研究室の負のエネルギーがわしの正のエネルギーを吸収しているのだろう。危険な部屋です。


[PR]
by ijigengazou | 2004-10-16 18:12 | 日記系
<< <富士写真フイ>古い写真やネガ... におい >>